物語り一覧

優太の面接(3)

 ボクは人と会って話をしたり、人物を観察するのは好きな方だった。しかし人を見る目にはあまり自信が持てない。人に騙された記憶はほとんど無いが、...

渋谷事務所(2)

 ボクは会社を辞めて暫くしてから別居生活に入った。そのとき借りた目黒のマンションで小さなウェブデザインの事務所を立ち上げた。友人たちの助けも...

物語の始まり

島崎 藤村の夜明け前「木曾路はすべて山の中である」みたいにカッコよい書き出しは、だれでもあこがれるけれど時代は許してくれない。ちょっと重すぎ...