お問い合わせの定番プラグインContact Form 7

ワードプレス管理画面の「プラグイン」から「新規追加」で「Contact Form 7」を検索しインストール・有効化してください。
ダッシュボードの左メニューに「お問い合わせ」という項目が現れますのでクリックすると、作成したコンタクトフォームの一覧が表示されます。当初は作成例のフォーム「コンタクトフォーム 1」が一覧表示されます。
一覧にあるショートコード(contact-form-7 id=”62″ title=”コンタクトフォーム 1″)を固定ページにコピペすれば、お問い合わせページの完成です。
「コンタクトフォーム 1」をクリックするとコンタクトフォームの編集ができます。

フォーム設定

例題のフォームでも使用可能なので、練習用にこれを使ってもOKです。
入力項目は何も修正せずに、このフォームをそのまま使えます。
・お名前 (必須) [text* your-name]
・メールアドレス (必須) [email* your-email]
・題名 [text your-subject]
・メッセージ本文 [textarea your-message]
送信[submit “送信”]

メール設定

※メールは、自分(管理者)へ、自動返信メールに使われます。
送信先 自分のメアド(WPに登録したメアドが自動的に当てられる)
送信元 お客様の名前[your-name]
※送信元のメールアドレスにはサイトと同じドメインに属するアドレスであること。
題名 お問い合わせがありました。
追加ヘッダー 変更不要、Reply-To: [your-email]
メッセージ本文 変更不要
差出人: [your-name] <[your-email]>
題名: [your-subject]
メッセージ本文:[your-message]

メール2設定

※メール (2) は追加のメールテンプレートで、自動返信メールによく使われます。
送信先 お客様のメアド[your-email]
送信元 自分の名前(会社名)
※送信元のメールアドレスにはサイトと同じドメインに属するアドレスであること。
題名 お問い合わせありがとうございました。

スパム対策

コンタクトフォームにスパムメールが来るようになったら対策を取りましょう。以下に対策方法をまとめました。とりあえず一番簡単にできる、1と2を取り入れましょう。
1.「checkbox*チェックボックス」を追加(または、acceptance)
[checkbox* use_label_element “確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。”]
2.「Akismet」(アキスメット)を有効化する。wordpress.comに登録してAPIキーを取得が必要です。※取得したAPIキーは、複数のワードプレスで使える
使い方解説:http://sigyou-school.biz/pre/blog/business-skill/akismet/

私は上記の2つをスパム対策として使用しています。さらに興味のある方は以下も試してみてください。

3.「Contact Form 7 Honeypot」プラグイン
4.「reCAPTCHA」サービスを使えるようにアカウントが必要。「私はロボットではありません」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする